ささやかなおおごと

本質は、好きですか。

介護・加齢・美:加湿というほどではないときに重宝しているパナソニックのナノイー発生機とその周辺のもの・こと。

高齢の父と母は、介護の事情もあって、別々に寝ていたが、父も母も同じように、のどが弱くなっていて、夜中に必ず咳き込むようになっていた。

特に母は、昼間でも(本人曰く)「ヒッとなる」と(のどのどこかになにかが引っかかるようにそこが元で咳き込む)しばらく咳が出続けて、なにもしていなくても(飲んだり食べたりしなくても)ただ(たぶん)呼吸をしているだけで「ヒッと」なるのだった。

 

加湿器を使うことが、ふたりとも好きではなくて、お天気の悪いときには、洗濯物が乾かないといって、部屋に干していたり、タオルをかけていたりして、これ以上「加湿」はしなくていいというような見解だった。

 

でも、やっぱり様子を見ていると、のどや目などが乾燥したり、傷んだり、老化によって潤いがなくなっているような印象があったのと、

肌の乾燥や肌荒れが年々増してきていたので、いろいろ検討して、こういうの(パナソニック ナノイー加湿発生機 (約1畳) ブラック F-GMGK02-K )(母にはピンク色パナソニック ナノイー加湿発生機 (約1畳) ピンク F-GMGK02-P
)を枕元に置いてみた。

 

 

これは、すごくよかった。もうその日の夜から、「ヒッと」なるのが減った。三日くらいで父は夜中の「ヒッと」なるのがなくなった。

母は、まだ少しあるが、明らかに回数が減り、一ヶ月後には「ヒッと」なることはなくなった。ただし、昼間はやはり少しあった。完全にはなくならないかもしれないが、これを使用しているのが寝ているときだけなので、昼間も引き続きつけていたらきっと変わってくると思った。

 

肌にもよかった。母が体中かゆがって、孫の手が手放せず、かきむしる状態で皮膚科にもかかっていたが、それがだいぶよくなった(精神的に平静になっただけでも効果があったと思う)。

 

これは、もしも同じようにお年を召した方がそうなっていて困っていたら、試してみる価値はあると思う。

 

この商品の売りである、ナノイーイオンについても、いろいろ賛否?成否?安否?が言われていて、結局、あまり意味がないとか、効果がはっきりしないというのが「科学的な根拠レス」みたいになっているのだけど、それはともかくとして、実際に使ってみて、それなりに効果があるのだったらそれでいいじゃんという立場なので。

 

ただし、加湿の迫力はない。加湿を目的にするのだったら辞めた方がいいかもしれない(ああ、程度によるからわからない。個人的な印象)。水は、一晩で水を入れる容器がからっぽになってしまう(もともとの容量が少ない)。でも、それでちょうどいいとわたしは思う。毎日ちょっとずつ入れてセットするのが衛生的な感じがするから。

 

 もともとは、わたしが自分で使っていた「これ」(パナソニック ナイトスチーマー ナノケア ピンク EH-SA44‐P )である程度の実績があった。

仕事部屋にもベッドサイドにも設置して、ずっと使っていたが、口を開けて仕事をしていても、口を開けて寝ていても、のどがからからになって「ヒッと」なるのがめっきり減り、仕事にも睡眠にも集中できていた。

 

お肌はあまりきわだった違いは感じなかったが、すごいと思ったのは毛づやだ。髪質が変わったかのごとく、つやつやすべすべ、天使の輪なんて年中だった。

 

それが、ある日、持ち運んでいる途中で、まるでボーリングのようにおっこどしてしまい、あっけなく壊れた。

 

 

今回、父と母には小さいタイプを枕元に、そして、自分にはちょっと大きなこのタイプ(パナソニック ナノイー加湿発生機 3畳相当 エレガントホワイト F-GMHK10-W )を購入した。

 

エステ用のパナソニックのディモイスチャーや、ナイトスチーマー系のものは、お肌に特化して販売されていて、もう一方の、今回、両親に使ってもらっているものやわたしが自分用に購入したどでかいナノイー発生機と、いったいどう違うのかと、悩むのはたぶん、わたしだけじゃないと思うのだけど、実は、これを知っている部署はパナソニックにはない。

なぜなら、同じパナソニックでも、作っている部署がぜんぜんちがうから。

ナノイー発生機は、空気清浄機の部署、なので、お問い合わせも別で、双方の情報共有がなく、双方の商品を知らないので比べての質問には答えてもらえない。

 

たとえば、

・ナノイーの数はどっちが多いんでしょうかねえ。

・お水を入れる容量が違いますが、出てくるキリというか加湿も違うんでしょうかねえ。

・ナノイー発生機の方でも同じようなしくみであれば、お肌にいいんでしょうかねえ。

・大きいやつだとお肌もよりつやつやになるんでしょうかねえ。

・結局、効果的には同じでしょうかねえ。だったらナノイー発生機の方がお得(のよう)に感じるんですが、どうなんでしょう。

 

などなどを、なんどか、もちろん、両方の部署に聞いてみたのだけど、わかりませんということだった。もう一方の方の商品についてはお答えできませんということで。

 そういうカスタマーサービスのあり方をいろいろ言う気持ちは全然なくて(不便だけど)、こういう場合は、自力判断をします。

 

で、すずめのお宿的に、大きいつづらがどうしても「効果的」に見えたの(がやっぱりすずめのお宿の大きなつづらだった)。

わたしにはダメだった(使ってるけど)。両親に買った方、小さいのを枕元にちまちまっと置いて使う方がよかった。

これは、大きくてそこそこ格好もそれなり(小さいタイプよりちゃちじゃなくて立派な姿形)なのだけど、広範囲用なので、的が絞りにくくて「効いているんだかいないんだか」=「わたしが居る場所の届いているのかいないのか」微妙な感じがある。

 

いつも、届いてるのかなあと心配(気持ち的に)しながら使うのに疲れてきた。ので、これはリビングのような大きな部屋か仕事部屋のようなところにちょっと置いておくのがいいのかもしれない。

それと、このタイプの水を入れるところはちびバケツのようになっていて、これに水を入れて持ち歩くのがやりにくい。さらに、このなかのフィルターが使い続けているうちに臭うようになって、すると、出てくるマイナスイオンが臭い。

ので、カスタマーサービスに電話して聞いてみたら、洗うとかそういう方法しか対処法がないようで。

いまは、水ナシで使用している。これもカスタマーサービスに聞いて確認してある。

「空気中の水分を使ってナノイーイオンは発生させることができるので、水が入ってなくても問題ないです」と言われたので、そうしている。

 

が、これがほんとうに発生しているかどうか、それは、わからないんです。